キューリグとは?

コーヒーといったらコーヒーメーカーから入れるものが朝の一杯としてはいいですよね?

そんな時はコーヒーメーカーとカプセルをサブスクで借りられるキューリグ定期便はいかがでしょうか。家で様々な人気店のコーヒーを気軽に飲むことができます。

朝の一時に入れたものは一日をいい方向に向けてくれるはずです。

キューリグ定期便のおすすめポイント♪
  • 無料でコーヒーメーカーをレンタルすることができる
  • 定期購入ラインナップが21種類ある(種類は毎月変更)
  • 定期便は3980円で48杯分の商品が届く
  • コーヒーカップを常に10%OFFで購入できる

キューリグ定期便とは?

キューリグとは?

キューリグは、コーヒーメーカーの貸し出しとKカップというコーヒーカプセルを定期購入できるサブスクサービスです。

このサービスの魅力はカプセル式でコーヒー、紅茶、お茶などをサーバーを使って作ることができます。

しかも作るのにかかる時間は50秒ほどです。

時間がない人でも支度中にサーバーにセットしておけば、すぐ飲んで出かけることができます。朝のコーヒーブレイクは重要な時間です。

定期購入できる商品は21種類あり価格帯はバラバラですが、一般的なものなら1000円ちょっと出せば買えてしまいます。

皆さんが好きなコーヒーが見つかるかもしれません。是非キューリグで朝の一時を楽しく優雅に過ごしてみてください。

キューリグ定期便の口コミ・評判

出勤前に手軽にコーヒー

この投稿をInstagramで見る

 

麻友(@maayu.928)がシェアした投稿

忙しい朝にぴったり

この投稿をInstagramで見る

 

N.H(@misumi555666)がシェアした投稿

紅茶も美味しい

この投稿をInstagramで見る

 

秋月麻希(@maki.akizuki)がシェアした投稿

おすすめポイント

コーヒー

キューリグ定期便のおすすめポイント♪
  • 無料でコーヒーメーカーをレンタルすることができる
  • 定期購入ラインナップが21種類ある(種類は毎月変更)
  • 定期便は3980円で48杯分の商品が届く
  • コーヒーカップを常に10%OFFで購入できる

 キューリグ定期便は初回限定で、

  • 4種48杯分が1,980円
  • リプトン イエローラベル12杯分
  • 大和園 玉露入り緑茶12杯分

さらに、コーヒーメーカーを無料でレンタルすることができます。

これだけでも大きなメリットです。ぜひキューリグのコーヒーを飲んでみてください。

気を付けた方が良いこと

注意点
  • 届くコーヒーを選べない
  • 配送会社の指定ができない(ヤマト運輸に決まっています)
  • 商品合計金額4000円以下は送料を負担しなければならない 

キューリグで一番気を付けなければいけないのは送料です。4,000円以下の商品に対しての送料は自己負担となってしまいます。

定期便で届くコーヒーは毎月4種類と決まっていますが、12パック(約1,000円~)ずつ個別に購入もできるので、送料を気にする場合は4,000円以上になるように購入しましょう!

会社概要

運営会社 キューリグ・エフイー株式会社
本社 東京都港区新橋6-1-11
設立 2001524
代表者 田嶋 浩二

コーヒーメーカーのサブスクを比較

他のコーヒー関係のサブスクにはUCCや豆を含めるとPostcoffeeがあります。この三社を比較してキューリグの強みを知らせていきます。

料金面、利用しやすさ、満足度において比較をしたので参考にしてください!

キューリグとの料金面の比較

キューリグとUCCを比較していきます。

UCCNescaféゴールドブレンドバリスタが安いです。一杯当たりの値段が14円ととても安い価格で飲むことができます。マシーンの代金は無料です。

しかしキューリグはラインナップ豊富です。
こういった部分がキューリグの強みとしても差別化されています。

キューリグとの利用しやすさの比較

キューリグとNescaféは両方とも利用しやすいのでどっちがどっちとは言えません。

ただ、Nescaféは決済方法が多いです。これはあまり大した差ではないのでほぼ同じくらいの使い心地といってもいいでしょう。

コーヒーメーカーの淹れ終わる時間もキューリグは30秒~40秒でNescafé40秒~60秒でキューリグの方に軍配が上がりますが、大した差ではありません。

ラインナップが違うくらいなのでどっちがどっちとは言えないくらいどちらもいいサービスです。

キューリグとの満足度の比較

レビュアーサイトを見るとキューリグの満足度は星4くらいで主に目立っていたレビューが、もっとラインナップを増やして欲しいやコンビニコーヒーより圧倒的に使いやすく好みの時間に種類を選べて飲める等のレビューがありました。

対してNescaféは星3で納期の時間がかかることが挙げられていました。

キューリグは購入幅が広いという強みを持っています。

サービス面であればキューリグに軍配が上がります。UCCNescaféのサブスクサービスは主に法人向けで個人のサービスはグレードが下がっている傾向です。

UCCは法人向けでキューリグが個人向けと考えた方がいいでしょう。

まとめ

キューリグのサブスクサービスの紹介と他社との比較をしてみました。キューリグはコーヒーメーカーのレンタルとコーヒーカプセルに関するサブスクリプションサービスです。

特徴としては「ラインナップが多い」、「無料でコーヒーサーバーを借りることができる」ことです。

3980円の定期月替わりセットでは違う種類のものが4セット届きます。これは1日に1杯飲む人ならお得なサービスです。

個別でも定期購入することができ、12回分1セットで1088円~購入することができます。

このように購入の幅が広いことがキューリグのサブスクの強みになっています。

ぜひキューリグ定期便でお家で気軽に人気店のコーヒーを飲んでみてください♪

おすすめの記事